ラウンド加工のサンコー/会社概要
ラウンド加工

SUS 銅 鉄 帯鋼のエッジ切削加工・スリット加工

ラウンド加工の有限会社サンコー

| TOP | ご挨拶 | ラウンド加工とは? | 会社概要 加工特徴 | お問い合わせ |
弊社はラウンドエッジ加工、スリット加工を
業務内容としております。

加工形状、加工方法は
下の通りです。
台形
片側台形
二段台形
直角
八角
三角
その他
○加工可能寸法・材料
○加工方法・使用用途

お問い合わせ先
E−mail :
 info@sanko-r.cominfo@sanko-r.com
TEL :
 048-255-1570
FAX :
 048-255-7857
受付時間 :
 平日9時〜18時

会社概要

商号        :有限会社 サンコー 
所在地      :〒332-0021
             埼玉県川口市西川口2-6-22 
連絡先      :TEL. 048-255-1570
             FAX. 048-255-7857
             E-mail. info@sanko-r.com 
         →加工可能な材種、コイル寸法、コイル単重量
         (お問い合わせの前にご確認下さい。) 
設立        :1987(昭和62年)7月1日 
資本金      :500万円 
従業員数    :7名(2015年現在)
取引金融機関:青木信用金庫 西川口支店 
設備        :ラウンドエッジ加工機3台、
             スリット加工機1台、 
             2tクレーン3基、スポット溶接機3台、 
役員        :代表取締役/伊藤英子  
工場敷地    :100 m2 


沿革

1977年  ラウンドエッジ加工試作機完成、加工の開発を始める。 
1978年  (株)三晃製作所にて、ラウンド加工部として設立。 
1978年  ステンレスでエッジの「丸加工」が可能になり、量産を開始。 
        主にヘッドホンなどで使われる。 
1981年  ラウンドエッジ加工 1型機完成、運転開始。 
1982年  ラウンドエッジ加工 2型機完成、運転開始。 
1982年  エッジの「丸加工」で主にボールペンクリップなどで使われる。 
1985年  加工部が新工場へ移転。 
1985年  ラウンドエッジ加工 3型機完成。 
1987年  (株)三晃製作所から分離独立、会社設立(商号 有限会社サンコー) 
1991年  鋼帯の「台形」切削加工を開発、量産。
        主にボールペンクリップなどに使われる。 
1994年  日刊工業新聞にて 『 台形加工 』 が紹介される。 
1995年  3型機に検査測定器導入。 
1997年  ラウンドエッジ加工 4型機(検査測定器、 
        画像処理装置導入済)完成、運転開始。 
1999年  ウェブサイト 『 sanko-r.com 』 開設。 
2004年  SPCC、黄銅のエッジ「丸加工」が可能になる。 
2005年  0.04×3「台形加工」が加工可能になる。 
2007年  エッジの「段加工」が可能になる。 
2008年 「異形断面帯鋼の製造方法及び製造装置」 特許出願 
2009年  スリット加工機導入、銅(C1100)バリ取り可能になる。
        ステンレスのエッジ「刃付け加工」が可能になる。

大きな地図で見る